【復縁したい女性必見、復縁するための行動】

【復縁したい女性必見、復縁するための行動】

こんばんは。
藤岡リナ鑑定事務所の岡田友里です。

2019年の婚姻件数が7年ぶりに増加したことが5日、厚生労働省の公表した人口動態統計で分かったそうです。
同省は昨年5月の改元に伴う「令和婚」が広まった可能性を指摘している。
厚労省によると、国内の婚姻は1972年の109万9984組がピークで、その後は増減を繰り返した。昭和から平成に代替わりした89年は大きな変化はなかったが、5月に令和となった2019年は前年比1万2484組増の59万8965組となった。
月別にみると、5月が9万1560組(前年同月比4万5588組増)とほぼ倍増した。例年11月は「いい夫婦の日」(11月22日)にちなんで婚姻は多いが、19年は「令和1年11月11日」と「1」が横並びになる日もあり、7万4689件(同1万7561組増)に伸びたそうです。
一方、離婚件数は前年比156組増の20万8489組で横ばいだったそうです。
こんなニュースを見るとコロナ騒動で気分が落ち込んでり、自宅自粛により気分が重かったりしていてもそこだけに注目せずに、潜在意識を利用し恋愛成就また願望達成をしていきたいものですね。

早速ですが、本日の本題ですが
「復縁したい女性必見、復縁するための行動」
について書いていきたいと思います。

復縁するための行動

復縁成就を叶えるために、
もし彼が「結婚したいと思っている」であれば、それは自分でもいいのか、ありなのかは確認しておこう。
というのは一般的に出ている恋愛本や顕在意識での考え方ですよね。

また「つまり、私のことどう思っているの?ありなの?無しなの?」と聞いたところで、ダメな面があったのだから一度破局をしているわけです。

また藤岡リナ先生は人は口には出さないが、「大人の女子力がない」と判断され
彼女にはいいけど、結婚はという破局を迎えているケースもあります。

 

潜在意識を利用した開運成就恋愛法

 

潜在意識を利用した開運成就恋愛法ではカレが「結婚したいと思っている 思っていないに関わらず」鑑定者さんのプラスの波動やイメージングの強化により大きく今起こっている顕在意識の現実を変えていきます。

コロナ騒動により顕在意識で開かれている現実世界は厳しいものですが、藤岡リナ先生の指導により潜在意識をうまく活用していくことで辛さは半減になります。

こんな時は仕事の話、恋愛の話、健康の話、お金の話など一人で悩んでないで藤岡リナ先生に相談してみてくださいね。